小売店向け価格調査の自動化ツール

プライスサーチ for リテール

市場価格、競合の売価設定、流通店舗数など
あらゆる価格調査業務を自動化し効率UPを支援

ECネット通販の販売価格の意思決定に必要な市場データ(ポイント、送料、配送速度、Tポイント、PayPayポイント、競合店と販売店数など) のあらゆる調査業務を自動化し効率化を実現するサービスです!

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格com、au PAY マーケット、ポンパレ、Qoo10といった主要なECサイトの調査だけでなく、 直販サイトも含めた160サイト以上の情報を簡単に見える化します!

無料トライアルはこちら
お知らせ

2020年4月30日 日経ビジネス様「日用品「コロナ高値」ネット通販出品データ解剖」に掲載!

2019年3月18日 日経ビジネス様から「ダイナミックプライシング特集」に掲載!

 

プライスサーチが選ばれる理由

購買行動が常に変化と多様化するEC市場にとって、
「販売価格」「変動コスト」「固定費」など、最終的な収益に影響する多くのコストを考慮する必要があります。

また販売商品数が多いほど、「調査にかける人件費」だけでなく、「情報の正確性」「販売価格の意思決定スピード」も重要になります。

「プライスサーチ for リテール」は、業務コストの削減だけでなく、独自の画面クローリング技術によって、調査が難しいカテゴリもJANコードだけでなく「複数キーワード調査」により「ポイント倍率」「送料」「配送速度」といった価格決定に最新情報を継続的な取得し、戦略的な販売価格の意思決定と収益の最大化をサポートします!

プライスサーチの機能

その他の機能

導入事例

もっと見る