PRICE SEARCH

 資料ダウンロード

価格の強制は独占禁止法違反?事例から学ぶOK/NGラインと対策

社会全体のコンプライアンス意識の高まりを受け、これまで以上に法令順守の精神が求められている現代。
中でも商品販売において「知らなかった」では済まされないのが独占禁止法です。
そこで今回は、独占禁止法についての簡単な概要や実際にあった事例をまとめてみました。
違反行為を未然に防ぐための対策とあわせてご紹介します。

資料の内容

  1. 独占禁止法とは
    1. 独占禁止法の概要
    2. 独占禁止法が規制する行為
  2. 独占禁止法に違反したらどうなるか
    1. 課徴金などの処分(直接的リスク)
    2. レピュテーション・リスク(間接的リスク)
  3. 企業の独占禁止法違反の事例
    1. 【NG】スポーツ用品メーカーA社
    2. 【NG】ベビー用品メーカーB社
    3. 【OK】産業用部品メーカーC社
  4. メーカーが自社ブランドの価格を守るために
    1. 自社製品の値崩れによる損失
    2. ガイドラインを順守しつつ価格を守るために
    3. 市場の値動きをウォッチする仕組みの重要性
  5. 流通価格の維持に便利な価格調査ツール

フォームに必要事項を入力して送信していただくことで資料がダウンロードいただけます。

※フォームが表示されない場合や資料ダウンロードができない場合は、こちらからお問い合わせください。

PAGE TOP