価格調査/比較ツールのプライスサーチ

メーカー様はこちら(別サイト)

価格調査/比較に関するお悩み解決します

Amazonや楽天などネットショップの価格調査/比較ツール

ネットショップの価格調査でほんとに売上って上がるの?

価格調査で本当に売上があがるの?

どのように価格を変えたら売上/利益があがるの?

競合が安すぎて合わせてたら利益とれない

むやみに価格を下げることばかりが値決めではありません。 どんな商品をどんな状態のときにいくらにするか。 戦略的な値決めで売上も利益もあがります。

価格調査、競合比較、価格更新している時間がない!

価格調査など値決めに関する作業がとにかく手間

もっと価格見た方が良いのは分かってるけど忙しくて...

今の価格調査の運用に慣れてるしシステムやツール使うのってなんか怖い

なにを

価格を見直した方がよい商品を見つけ出すことができます。

いくらに

適正価格が分かります。

かんたんに

独自の特許技術により、簡単・短時間で貴店の商品を適正価格へ導きます。

どのように価格調査を実現するか?

価格調査と値決め業務をとことん探求し独自開発した特許技術で、簡単に短時間でネットショップの商品を適正価格へ導きます。

1分で大量商品×複数ECサイトの価格調査を開始

価格調査の設定はたったの2ステップ

  1. 貴店の商品情報をコピー
  2. プライスサーチの画面に貼り付け

例えば、数千商品のAmazon/楽天市場/ヤフーショッピング/価格コムの価格調査を1分ほどの作業で設定することができ、 一度設定してしまえば、後は何もしなくてもプライスサーチが定期的に自動で価格調査しデータを取得します。

JANだけでなく、ブランド名・品番・型番などのキーワード検索にも対応しているのも特徴です。

1分で大量商品×複数ECサイトの価格調査を開始

安すぎる商品/高すぎる商品をひと目で把握

「最安値」「自店舗の価格順位」「最安値と自店舗の価格差」を一覧で確認できます。

安すぎる商品は値上げをすることで利益を上げることができます。
高すぎる商品は値下げをすることで売上を上げることができます。

※最安値は、Amazon内の最安値、楽天市場内の最安値、というようにECサイト毎の最安値を確認できます。

安すぎる商品/高すぎる商品をひと目で把握

1分で売上/利益を最大化する値決め

競合価格に合わせた場合の利益額/率がひと目で分かり、楽天RMSやYahooストアクリエイターPROなどにログインすることなく、そのまま自店舗の価格を更新することができます。

在庫・発送の目安も確認できるので、配送速度が遅い店舗は無視し配送速度が早い店舗の売価を意識するといった、きめ細かい値決めも簡単に実現できます。

1分で売上/利益を最大化する値決め

どんな運用にもフィットするカスタム可能なレポート出力

価格調査結果データは6種類の既定フォーマットに加え、 出力項目の表示/非表示、列の並び順、商品/店舗/サイト絞り込み、ソート順、出力形式(csv/tsv/xlsx)など、お客様の運用に合わせカスタマイズすることもできます。

ネットショップへの価格登録データ、基幹システムへの取り込み用データ、データ分析など様々なシーンで活用できます。

どんな運用にもフィットするカスタム可能なレポート出力

値決めのタイミングを逃さないアラートメール

値決めすべきタイミングを検知しメール通知することで機会損失を防ぎます。

通知のタイミングは次の条件で複数作成することが可能です。

  • 自店舗の価格を下回る価格があった場合に通知
  • 自店舗の価格を下回る価格に変動があった場合に通知
  • 商品の最安値に変動があった場合に通知
  • 自店舗の商品の価格が狙った順位にいない場合に通知
  • 自店舗の商品の価格が最安値だが、次の順位との価格差が大きい場合に通知
  • 自店舗の商品の価格が最安値ではなく、最安との価格差が大きい場合に通知
値決めのタイミングを逃さないアラートメール

休日・夜間も休まず自動で価格更新

常に競合価格を追尾/比較し最適な価格を保つことができます。

商品ごとにモール内の最安値や特定の競合店舗に対し、同価格にする、◯円(または%)上げる/下げる、という設定ができます。 また「◯円以上高く/安くしない」という設定や、送料/ポイントを加味した設定も可能です。

一度設定してしまえば、後は何もしなくてもプライスサーチが定期的に自動で価格更新してくれます。

機能詳細を見る

休日・夜間も休まず自動で価格更新

価格調査ツール導入事例

placeholder

家具

属人化していた値決めが、安定した価格戦略に変わった

取扱商品 家具、収納 調査頻度 1日1回 調査商品数 1000点 調査サイト数 Amazon.co.jp、楽天…

placeholder

タイヤ

1日2回、数千点の価格情報が一気にチェックできるように!

取扱商品 タイヤ 調査頻度 1日2回 調査商品数 3000点 調査サイト数 ヤフオク!、楽天市場、Yahoo!…

placeholder

ドラッグ

自社サイトへすぐに価格を反映できるので便利

取扱商品 ドラッグ 調査頻度 1日1回 調査商品数 1000点 調査サイト数 Amazon.co.jp、楽天市…

導入事例をもっと見る

自動で 価格調査料金表

価格調査500点プラン 価格調査1000点プラン
調査サイト数※2
対応サイトを見る
1サイト おすすめ!
3サイト
5サイト 1サイト おすすめ!
3サイト
5サイト
初期費用 ¥10,000 ¥30,000 ¥50,000 ¥30,000 ¥50,000 ¥100,000
月額費用 ¥10,000 ¥25,000 ¥40,000 ¥20,000 ¥30,000 ¥50,000
調査頻度 1回/日
サポート 無料

料金の詳細はこちら

価格調査/更新ツール対応サイト

モール名 価格調査 価格更新
楽天市場
Amazon.co.jp
Yahoo!ショッピング
価格.com
Wowma!
ヤフオク! -
比較コム 個別見積
ポンパレモール

記載サイト以外にも100以上のサイトに対応しております。

対応サイトの詳細はこちら

よくある質問

どのような業務が効率化できますか?

特定の商品のネットショップ上の価格調査、競合比較、利益算出など値決めに関する業務を効率化できます。

楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon、ヤフオク!、価格コム、特定の自社サイトなど大量の商品を複数のサイトから人手で調査している場合により有効です。

自動的にプライスサーチのシステムが価格の調査をしてくれますので御社の知りたい価格情報が既に手元にある状態を実現できます。

価格の調査にかかる時間を短縮する事で、人件費の削減&業務時間の有効利用をすることが可能です。

自社で取扱っていない商品の価格調査も可能ですか?

可能です。調査対象の商品情報をご提供頂ければネットショップ上の価格データを取得出来ます。

0円商品や1円商品などがある場合は、価格調査でどのような影響がでますか?

価格調査の最低価格を設定することで、必要のない価格が除外されるよう価格調査を行います。価格調査の最低価格の設定はプライスサーチ側で行います。

プライスサーチでは価格調査以外に取得できるデータなどはありますか?

別サービスとなりますが、需要データ(売上ランキング・レビューデータ)、商品データ(商品説明文など)を対象サイトから取得することが可能です。

価格調査の際に、あわせてポイントの調査は可能ですか?

可能です。価格とポイントを取得し、ポイントを差し引いた価格データを表示ことができます。

価格調査の頻度を、1日に複数回対応することは可能ですか?

可能です。1日に2回や、1時間に1回価格調査をすることもできます。※別途お見積りとなります。

価格調査を行える商品点数の上限はありますか?

上限はありません。一日に数万点、数十万点の価格調査も可能です。商品点数によっ て料金が異なりますのでお問い合わせください。

よくある質問をもっと見る