クローリングによる高精度の価格調査

プライスサーチの画面クローリングとは

WEBクローラー(Web Crawler)とも呼ばれることもあり、インターネット上の様々なWebサイトの仕様に合わせた設計ルールに基づき、サイト内をくまなく巡回し、該当ページのデータを収集する仕組みをシステム化したものです。

弊社が独自開発した技術により、ポイント倍率、送料、配送速度など様々な情報を取得し、データベース化します。

プライスサーチの自動巡回プログラムが、手動よりも高速で正確な情報を収集し続けます。

クロールのフロー
APIとクローリング調査の違いとは

プライスサーチのクローリングが選ばれる理由

あらゆる売価データを取得

  • 商品売価/ポイント/送料
  • 在庫/配送速度
  • 同一商品の個数違い、ポイント違いなど、別々に取得可能

キーワード検索に強い

  • 商品毎に複数キーワード調査
  • JANコードなしでも調査可能
  • 上下限の価格、除外ワードの絞り込み設定

大量データ取得に強い

  • 10万点以上の高速データ取得が可能
  • 取得データを瞬時レポート化
  • FTPデータ連携

Webクローリング調査の詳細

価格決定に必要なデータを正確に取得

主要なECモールや自社運営サイトに掲載されている商品の販売価格、ポイント、送料、在庫・配送速度や店舗情報を自動で画面クローリング取得し、データ化します。

調査に開発が必要なサービスが多い中で、メンテナンスも含めて追加費用がかかないデータ取得の実績がございます。

リアルタイムで競合店舗の価格をひと目で把握

商品毎「最安値」「自店舗の価格順位」「競合店との価格差」をダッシュボードで確認できます。

価格設定の例)
 ・安すぎる商品は値上げ → 利益UP
 ・高すぎる商品は値下げ → 売上UP
 ・競合店が少ない売れる商品は値上げ → 売上、利益UP

あらゆるECサイトの調査に対応

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング(PayPayモール)、au PAY マーケット(旧au Wowma!)、ポンパレ、Qoo10といった主要モールも含めて160サイト以上に常時対応しております。

メンテナンス実績も豊富で、ポイント、送料が取得できなくなった、といった運用上のリスクも殆どありません。

資料請求はこちら