調査の効率化

マスク需要の推移レポート

EC市場を日常的に調査(把握)しておく必要がある理由

新型コロナを例として、急激な市場変化をもたらす事象は予測ができず、日常的にEC市場の動向を把握している事業者と、そうではない事業者では大きな差がでます。

小売事業者としては、
「売上が主力の商品がいつ入ってくるか分からない」
「これまで売れていた商品が売れなくなった」 or    「急に売れて在庫がなくなった」
「急な市場変化によって、どの商品が売れるか分からない」
 など

メーカー事業者としては、
「問屋から流通した商品の転売屋や高額販売にリスクがある」
「不特定の転売屋や高額販売に対する打ち手がない」
「流通量から予測できない欠品や生産量不足に追われている」 
など

本資料は、上記のような急激な市場変化がもたらす影響の例として、今回新型コロナの影響によるマスクの需要の推移についてまとめたレポートです。

少しでもご興味や市場に対する課題がある小売事業者、メーカー事業者、その他関係者の方はぜひ資料ダウンロード頂き、今後の市場変化に対する対策の参考となれば幸いです。

お申し込みはこちら

お申し込みいただいたメールアドレス宛に資料を送付いたします。