EC市場動向

【EC市場動向】Amazon 2020年中小事業者の販売データを公表

2020年8月12日中小規模事業者及び大学生など一般さん者向けにオンラインで開催したAmazon Academにて、Amazon.co.jpに出品する日本の中小企業の販売データとしてインパクトレポートを公表しました。
  

中小企業インパクトレポートの内容

1)2019年6月1日から2020年5月31日まで(集計期間)


 ・年間売上高(税込)1,000万円を超えた日本の中小規模の販売事業者数 3,000社以上

 ・初めてAmazon.co.jpに出品した販売事業者の年間売上高(税込)1億円を超えた日本の中小規模の販売事業者数 500社以上

 ・販売事業者様あたりの平均年間売上高(税込)700万円超、前年同期 (100万円増加)

 ・商品販売数 4億点以上

 ・商品の在庫保管・配送代行サービス「フルフィルメント by Amazon(FBA)」を利用する日本の中小規模の販売事業者数 7万社以上

 ・法人・個人事業主向け購買専用サイト「Amazonビジネス」における日本の中小規模の販売事業者 年間売上高総額(税込) 500億円超

 

2020年Amazonインパクトレポートを参照

 

2)2018年6月1日から2019年5月31日まで(集計期間) ※過去データ

 ・初めて Amazon.co.jpに出品した販売事業者様 15万社以上

 ・2018年に1分あたり約600個の商品を販売

 ・2018年の流通総額 9,000億円超

 ・Amazonでの成長率が最も高い販売事業者の拠点 島根県

 

2019年Amazonインパクトレポートを参照

 

Amazonジャパンによると、2019年に投資額は6000億円以上とされており、今後も日本事業への積極的な投資が見込まれます。

各EC販売のプラットフォームや直販EC販売事業者にとっても大きな影響を与えるのは間違い無いでしょう。

弊社では今後もAmazonジャパン及び主要なEC事業者の動きに注視しつつ、各販売チャネルでの戦略を検討する上での参考となる情報を発信してまいります。