価格調査/比較ツールのプライスサーチ

メーカー様はこちら(別サイト)

10%消費税率の引上げに伴う、価格設定について

 

 

10月1日から消費税が10%になります。
もう準備はお済みでしょうか。

下記、昨年11月に政府から価格設定についてガイドラインが公表されております。

———————————————————————————————————–

https://www.gov-online.go.jp/tokusyu/keigen_zeiritsu/other/anteiteki.html#kensyo

———————————————————————————————————–

要約すると

1.消費税転嫁対策特別措置法により、

「消費税はいただいていません」「消費税還元セール」

など、消費税と直接関連した形で宣伝・広告を行うことは禁止されています。
ただし、「10 月 1 日以降○%値下げ」「10 月 1 日以降○%ポイント付与」などと表示することは
問題ありません。

2.消費税率引上げ前に、

「今だけお得」

といった形で消費者に誤認を与え駆け込み購入を煽る行為は、景品表示法に違反する
可能性があります。
消費税転嫁対策特別措置法は、税込価格の表示(総額表示)を義務化しており、
誤認されないようにしないといけません。

例えば、次に掲げるような表示が「総額表示」に該当します。

  • 10,800円
  • 10,800円(税込)
  • 10,800円(税抜価格10,000円)
  • 10,800円(うち消費税額等800円)
  • 10,800円(税抜価格10,000円、消費税額等800円)
  • 支払総額である「10,800円」さえ表示されていればよく「消費税額等」や「税抜価格」が表示されていても構いません。
  • 例えば、「10,000円(税込10,800円)」とされた表示も、消費税額を含んだ価格が明瞭に表示されていれば、「総額表示」に該当します。

国税庁 平成30年4月1日現在法令等

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shohi/6902.htm

総額表示に伴い税込価格の設定を行う場合において、1円未満の端数が生じるときには、
その端数を四捨五入、切捨て又は切上げのいずれの方法により処理しても差し支えありません。

まだ準備がお済みでない場合、

政府広報オンライン

 https://www.gov-online.go.jp/tokusyu/keigen_zeiritsu/index.html

ご確認ください。