価格調査/比較ツールのプライスサーチ

メーカー様はこちら(別サイト)

値付けの成功法を伝授!

 

商品を販売する時に重要な価格。
適切な価格をつける際にはどのような要素を考慮すれば良いのでしょうか。

今回は価格について何が重要なのかをまとめました。

 

1.基本的な価格の付け方

2.消費者からみた価格とは?

3.市場価格の見極め方

4.まとめ

  

1.基本的な価格の付け方

  

世の中の「モノ」には価格が付けられています。
当たり前のように付けられている価格ですが、どのように決めているかご存知ですか?

基本的には業界の慣習などにより様々ですが、この5種類です。 

 

①コストベースのコスト・プラス法

価格=(直接費+間接費)+一定額の利益

このプライシング方法は、コストに一定の利益を加えて販売価格とする方法です。
建設業界や、システム開発業界などでよく用いられます。

   

②利益率によるコストプライス法

価格=製造原価+販売費及び一般管理費+利益

製造業では、製造原価に一定額または一定率の利幅(マージン)を加えて販売価格として決める方法が主流です。
過去の実績や業界の慣習などをもとにプライシングされます。

 

③利益率(マークアップ)によるコストプライス法

売価=仕入原価+一定率の利益

流通業者では、仕入原価に一定のマージンを加えて販売価格をとして決める方法が主流です。

※仕入原価に加えるマージンをマークアップといいます。

     

④需要からの価格設定

ユーザーがある商品に対して、どの程度の価値を認めてくれているかによって販売価格を決める方法が、需要志向型価格設定法といいます。

市場調査やアンケートなどを基にして、この商品ならいくらまでなら支払う意欲があるかを判断して、価格設定します。

 

⑤業界ライバル・リーダーを基本にした価格設定

ライバル・リーダーを意識した、価格設定方法です。

ライバル・リーダーが設定している価格を目標にして、同じ価格で販売したり、それよりも安い価格にしたりします。

色々な値段の決め方がありますが方法次第では、消費者の反応は全く変わってしまいます。

高く設定したからと売上が上がるわけではなく、安く設定して売れる量を増やそうとしたら、不思議なことに売れなくなった、なんてことも起きます。

世の中で一体どのように決められているのかは、

残念ながら回答はありません。 

 

2.消費者からみた価格とは?

では消費者は価格についてはどう思っているのかというと、
「だいたい」の価格イメージを持ち、「それぞれ」の消費者が捉えています。

例えばA社パソコンの価格は?と聞いてみると、それぞれ違う返答が返ってきます。

この中で重要な事は、競合と消費者の販売商品の捉え方です。

たとえば、競合がその価格帯から外れていることを訴え、自社の優位性をアピールしたり、自社の値付けを価格帯の中でも上位とすることにより、高級志向を目指したりする方法もあります。

ではどのように分析するかですが、価格に対して実際の市場価格や消費者の現状を見極める必要があります。

企業様のインタビューはこちら!

 

3.市場価格の見極め方

では具体的な決め方としては3つのポイントがあります。

 

1.需要分析を行って、市場価値を知る

価格を決める場合、まずは需要を知ることです。
その価格であれば本当に消費者は買うのか、買い控えるのか、販売数などをみて分析する必要があります。

こちらは時間が掛かってしまうので、機会ロスが増えてしまいます。

  

2.コストから、正しい値付けを考える

コストを考えて、必要最低限の利益を上乗せすることにより、値段を決めるという方法もあります。

コストの定義は考え方によって様々ですが、具体的なコストを分解しないといけないので、こちらも時間が掛かってしまいます。

 

3.競合を注視し、常に適切な値付けを考える

実際に商品が市場に出た場合に、競合の価格に目を向けて適切に判断していかないといけません。

ただこちらが一番現実的で即時に効果が出ます。

対策としてはあげられるのはこの3つです。

  

1. しばらく注視
2. 自社も値下げ
3. 販促物で、値段はそのままに割引できるサービスを提供

 

ただ競合分析や価格変更の自動化、多店舗分析は、人的リソース、システム改修など様々なコストがかかります。

 

弊社では価格調査&値決めを効率化するサービスを運営しております。

ログインして1分で効果的な値決めができる 無料体験アカウントをご提供します。

是非一度お試しください。

 

4.まとめ

「値付け」には、たった1つの正解はありません。

しかし、正解に近づくためのアプローチは存在します。

間違った値付けをしている限り、厳しい消費者は見向きもしてくれません。

今回紹介した方法で、値段の決め方を論理的に組み立ててみてはいかがでしょうか?