価格調査/比較ツールのプライスサーチ

メーカー様はこちら(別サイト)

初めてネットショップを開設するのはモールか?自社サイトか?

これからネットショップを始めようと思っている方は、まずどこで出店すべきか悩む事とでしょう。

大きくは、楽天市場、Yahoo!ショッピング、amazonなど、大手モールと独自ドメインの自社サイトの2種類から選択となります。

そもそもモール系と自社サイトは何がどう違うんでしょうか。

ごく基本的な知識となりますがゼロからのスタートを検討されている方はしっかりと押さえておくべき事です。

ショッピングモール

楽天市場、Yahoo!ショッピング、amazonが主力モールとなります。 モールとはその名の通り複数のお店が一同に集まって ネットショップ上に商店街や百貨店があるようなものだと考えてください。

購入者は多数のお店から選ぶ事ができるので 全く異なるジャンルの商品をいろいろなお店から簡単に探す事が出来、 簡単に複数のお店からの比較検討ができます。

また、ふらっと立ち寄って 何かいい商品はないのかな〜と探しに来ることもあります。

出店側からのメリットは何と言っても集客力になります。

例えば日本国内で最大の会員数を誇る楽天市場では 2016年3月時点で1億人以上の楽天会員がいます。 それだけのお客さんを相手に商売ができるということがまずメリットです。

オープンしたばかりの知名度ゼロのお店でも 購入者が欲しい商品が適切な価格で売っていれば購入される可能性は十分にあります。

デメリットはモールを運営している企業に出店料や売り上げに応じた手数料などを支払う必要があります。 実店舗に置き換えるとテナント料やのようなものですね。

自社サイト

モールが商店街や百貨店なら、こちらは路面店といったところでしょうか。 モールとは別に、孤立して存在しているお店です。

こちらは、そもそもこの店が存在していることをお客さんが知らなければ、購入する可能性は きわめて難しくなります。

それこそ、購入者がGoogleやYahoo!で検索をした時に 自社サイトで出品している商品や特設ページ、ショップのブログなどの記事が ヒットしないと初期の流入はほぼ見込めません。

モールの得意な集客というところが自社サイトでは最大の課題になります。

しかし、モール側の最大の課題である出店料や売り上げ手数料がかからない、 またはかなり抑えることができるので 利益率はモールに比べて高くなります。

モールと自社サイトの特徴まとめ

モール:集客力が高い。出店料、売り上げ手数料が高い。
⇒たくさんのものが売れやすいが利益は少ない

自社サイト:集客力は無し、自力で集客の工夫をする必要がある。売り上げ手数料がかからない。
⇒売れにくいが、利益が高い。

 

ここまでお読みいただければ、最初に始めるのはどちらかになるのはわかるかと思います。

特別な理由がなければモールからスタートするのがおすすめです。そもそも売れなければ意味がありませんからね。自社サイトを立ち上げたとしても店舗を知ってもらうための集客に、かなりの労力と広告投資を行う必要があります。

ちなみに、モールの場合は楽天市場かYahoo!ショッピングがオススメです。

なぜおすすめかというと楽天市場とYahoo!ショッピングは出店型のモールのため、自店舗の色を出しやすく、固定客をつかむ可能性が高いためです。

ただし、以下のような場合は自社サイトという選択肢も有りです。
・実店舗で特定の地域や全国的に知名度がすでにある
※実店舗での購入者にオンラインショップがあることを告知可能
・集客の仕組み、流入の導線がすでにある
※例えば大量のアクセス数があるHPやブログを運営しているなど

通常のネットショップ運営企業の発展のケースとして最も多いのは、まずモールから初めて、安定的な売り上げを立てた上で、自社サイトを立ち上げて徐々に自社サイトの方の比率を上げていくような 施策を取っているところが多いです。

また、自社サイトから立ち上げ、その後モールに出店したという企業も知っています。こちらの企業の場合、前述の「実店舗での知名度がすでにある」企業のため 自社サイトのみでも集客はできていましたが、 その後楽天市場を開店し、1〜2年経過した頃には自社サイトよりも楽天の方が 売り上げを上回ったということが起きたそうです。

それほどに大手ショッピングモールの集客力はすごいということですね。